VISION OF OUR SERVICE

“Happy Shopping, Happy Working, Happy Society, Happy Future”

 私たちのサービスは、世界中に広がる経済格差の問題に「人と人、人と企業のつながりを活かす技術的イノベーション」で挑戦しようとしています。
 昨今、世界中で収入の格差が急速に広がっていて、誰もが明日の生活への不安を抱えています。米国では上位3%の富裕層が国民全体の家計総資産の半分以上を保有しています。

 人が「心の平穏(Peace)と情熱(Passion)」を持つには、生活をするに足るお金が必要です。そこで、私たちはまず次世代の市場経済メカニズムのひとつとして、需要(買い手)と供給(売り手)が出会い受注機会(=仕事)をより公平に分配する「人と人、人と企業がつながる市場」を作ろうとしています。端的に言えば、「人と人、人と企業をつなぐ経済活動のプラットフォーム」です。

 スマートフォンの時代になって、パソコン時代から続く今の広告やEコマース(お買い物)の方法は合わなくなってきています。
 スマートフォンの小さな画面で買い物をすると非常に目が疲れます。

 私たちが産総研において開発した次世代の経済活動プラットフォーム技術のH-Marketモデルでは、パソコンはもちろん、スマートフォンの小さな画面でも家族や友人とも相談しながら、自分に合ったものを簡単に楽しく買えます。売る立場からも値崩れしにくい、地域で売れるという特徴があって、買う立場からも売る立場からもメリットがあります。数年後に誰もが使っているであろうツールになるように、また、資本主義市場経済の次世代の市場メカニズムのひとつになるように設計を進めています。

 サービスは英語圏から開始し、世界中に展開します。(今年度開始予定)

 詳細は知的財産の関係で記載出来ませんので、参加希望者には見学の際に説明します。